@indigo

本と音楽と手仕事のある暮らし

義母の荷物待ち、「香君」読了


本日午前中、うちに完全引っ越ししてくる義母の荷物が到着するらしく
朝ごはんをかけこんで1階を少々片付けて待機中。
そしたら段々お腹が痛くなってきて、頭も痛くなってきた。
頭痛は気圧のせいだと思う。
最近、「頭痛ーる」のアプリを愛用していて、
どうも1010hPaに近くなってきたあたりで頭痛が始まってる気がする。
ただの肩こりだと思ってたんだけど・・。
それにしても何時にどれくらいの荷物が来るんだろう。
義母も帰ってくるらしいけど、荷物と一緒に到着するわけではないらしい。
昼から知人が手伝いにきて、私も仕方ないので一緒にやるつもり。
土曜日は義母の友人が数人来て手伝ってくれるらしい。
その日は朝から出かけようと思う(;'∀')。


韓国語、とびとびでやってるから単語をすぐ忘れる。
毎日少しずつ同じところを復習しながら継続することが大事!!
って分かってるけどー。


「香君」上橋菜穂子
「遥か昔、神郷からもたらされたという奇跡の稲、オアレ稲。ウマール人はこの稲をもちいて帝国を作り上げた。この奇跡の稲をもたらし、香りで万象を知るという活神〈香君〉の庇護のもと、帝国は発展を続けてきたが、あるとき、オアレ稲に虫害が発生してしまう。
時を同じくして、ひとりの少女が帝都にやってきた。人並外れた嗅覚をもつ少女アイシャは、やがて、オアレ稲に秘められた謎と向き合っていくことになる。」

 


香りで万象を知る??の意味がよく分からず読み進めて、なるほどこういうことか…と上橋さんの想像力に驚嘆。
更に王国の風景描写、食べ物、生き物全てを自然と読み手に想像させてしまう描写力も流石すぎて、バッタがいい意味で気持ち悪かった(^_^;)。もし映像化やアニメ化されたら見に行けない…昆虫苦手なので。集団で飛ぶアゴの強いデカバッタ…怖すぎる。
ただ、なんでマシュウ父は女のコを連れていなかったのかとかパリシャが都合良く説明だけで終わったのとかアイシャの弟は必要だったの?とかすっきりしない箇所がちょこちょこあったので、もしや続編か番外編が出るのではと期待してる私です。装丁が美しい~。

今日の読書日記 本ブログ・テーマ
今日の読書日記

にほんブログ村 主婦日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村