@indigo

本と音楽と手仕事のある暮らし

「六人の嘘つきな大学生」読了

f:id:hobbyvarious:20220306182359j:plain
六人の嘘つきな大学生 浅倉秋成
成長著しいIT企業「スピラリンクス」が初めて行う新卒採用。最終選考に残った六人の就活生に与えられた課題は、一カ月後までにチームを作り上げ、ディスカッションをするというものだった。全員で内定を得るため、波多野祥吾は五人の学生と交流を深めていくが、本番直前に課題の変更が通達される。それは、「六人の中から一人の内定者を決める」こと。仲間だったはずの六人は、ひとつの席を奪い合うライバルになった。内定を賭けた議論が進む中、六通の封筒が発見される。個人名が書かれた封筒を空けると「●●は人殺し」だという告発文が入っていた。彼ら六人の嘘と罪とは。そして「犯人」の目的とは――。

 


読んだことのないタイプで非常に面白かった。
就活を通して人の本質を見極めることはできるのか、人の表と裏とは…。よくこんな内容考えられるなぁ〜。
就活を控える学生さんが読んでも勉強になる部分があるかもしれない。

今日の読書日記 本ブログ・テーマ
今日の読書日記

にほんブログ村 主婦日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村