@indigo

本と音楽と手仕事のある暮らし

ランチと中国語の発音

f:id:hobbyvarious:20211031155140j:image
娘をほぼ無理矢理連れ出して、ランチだけ連れて行った。
とっても良い気分転換になったようだ。
でもこの後、パンケーキセットまで食べていた。
食べすぎ・・!!
スマホ撮影なので色が変・・↑。

f:id:hobbyvarious:20211101110821j:plain

11月になった!!
今年もあと2か月。
あと半月ほどしたらツリーを出そう~。
中国語検定もどんどん近づいていているが、このままでは受かる確率20%くらいだ。
選択問題、並べ替え問題は割と分かるんだけど
発音と作文、それとリスニング!
ハングル検定3級は、発音問題は全くの手付かずでも全然問題なく
他が普通にできれば合格する。
でも、中国語での発音問題は捨てられない。
配点が大きいのもあるけど、中国語は発音が何より大事なので
ここをサボると話をしても全く通じないし、
結局やらなかった分後でやる羽目になり、
というかそもそも声調とセットで覚えていかないとリスニングも聞き取れない。

f:id:hobbyvarious:20211101110825j:plain

私の場合、圧倒的に語彙力が不足している。
漢字から意味が分かることが多いので、初期なら選択問題、穴埋め、並び替えは日本人ならできて当然なんだと思う。
音源で何度も聴いても、次の瞬間には違う声調と混ざってよく分からなくなる。
なんて難しいんだ!!(;'∀')
ちなみに中国に住んでいるときによくタクシーに乗るんだけど、
運転手さんによく「韓国人?日本人?」と聞かれる。
そのとき、「私は日本人です」と言うと、
8割の確率で通じない!
私以外の日本人も・・。
「私は日本人です」の中に、難しい発音が3か所もあって、
大抵、「え!!??なんて!!?何!!!??」
みたいな感じで何度か聞き直される。
そして何度も「日本人。日本人!!日本人!!!」と言う羽目になる。
日本人の「日」と「人」の発音が難しいのだ。
反日感情が高くなっている時期は、タクシーとかで聞かれたら
韓国人と言いなさいという伝達が来るので
そんな時期は「韓国人です」を連発していた。
「韓国人」の単語は1度で聴き取ってもらえる。
韓国語は発音があまり巧くいかなくても文脈から推測してくれることが多いみたいだけど、
中国語は本当に通じない。
まぁでも、広州だからというのもあったかも。
広東語が普通だったので、普通語が結構訛っていた。

そんな中、いよいよ韓国語能力試験(TOPIK)に来年からスピーキングも追加される。

TOPIKは今年2級に受かったので、来年は4級を目指してたけど
一気にやる気を失った。
スピーキングなんて、独学者には壁が高すぎる!
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
 

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村