@indigo

本と音楽と手仕事のある暮らし

婚約指輪と最後の制服

f:id:hobbyvarious:20211027101955j:plain

眞子様が結婚された。
結婚指輪が大きいとかいう記事を読んで
ふと、私の指輪のことを考えた。
婚約指輪は貰わなかった。
でも、結婚後に義母から

「息子があげなかったようだから、私のダイヤの指輪を作り直してもらったよ。」

と言って写真の指輪をくれた。
とても気に入ってずっとしていた。

なんで夫から婚約指輪貰わなかったんだろう・・・・
と考えていて、突如思い出した。
私が「婚約指輪は要らない」と言ったのだ(;'∀')。
多分もらってもそんなに着けないと思ったのと、
その分で結婚指輪は可愛いのが欲しい!と言ったのだ。
思い出した。
それで夫とティファニーへ行き、お揃いの結婚指輪を買ってもらった。
なのに2年後くらいに私はその結婚指輪を失くした(;´・ω・)。。
夫はその数年後にバスケをしていて薬指を骨折し
指輪を着けることはなくなって、私が夫の指輪を保管している。

夫の薬指は中国に住んでいるときに骨折した。
職場で同僚とバスケしているときに折れて、すぐ病院へ行ったし
それから何度も行ったが、折れた薬指に木の棒(アイス棒みたいな)を
包帯でぐるぐる巻くだけの処置だった・・。
治るわけないので、香港に行ってちゃんとした病院で治してもらったが
行くのが遅かったからか薬指は微妙に曲がったままだ。
ちなみに香港の病院で、中国でしてもらった処置を見せたら爆笑されたらしい。
いつの年代の処置やねん!と言われたとか・・・。

f:id:hobbyvarious:20211027101959j:plain

中学から6年間、娘の制服にアイロンをかけてきた。
そして、最後の日が突然やってきた。
冬服に替わったのだ。
制服の衣替えの時期とかは本人の自由なのだけど
先日、白いのはもう着ないと言われた。
アイロンは好きじゃないので嬉しいけど悲しい。
なんとも複雑だ。
といっても夫のワイシャツは年中アイロン必要だけど。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ