@indigo

本と音楽と手仕事のある暮らし

「凍りのくじら」読了

f:id:hobbyvarious:20210906220952j:plain

藤子・F・不二雄を「先生」と呼び、その作品を愛する父が失踪して5年。高校生の理帆子は、夏の図書館で「写真を撮らせてほしい」と言う一人の青年に出会う。戸惑いつつも、他とは違う内面を見せていく理帆子。そして同じ頃に始まった不思議な警告。皆が愛する素敵な“道具”が私たちを照らすとき―。」

 


後半、怒涛の展開で夢中で読んだ。でも前半はしんどかった…。理帆子や別所たちの会話が高校生とは思えなかったし、理帆子の性格がなんだかすごく悪いように思えて気分が悪かった。
あと、松永のおじさんといなくなったお父さんの関係て?!松永がこんなにまで援助してくれるほどの理由はどこに書いてあったんだろ…^^;読み過ごしたかな…。若尾だけが妙にリアルだった。後半のメール…怖いけど、こういう感じのタイプの人いると思う…。

読書日記、読書記録、覚え書 本ブログ・テーマ
読書日記、読書記録、覚え書

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
 
 

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村