@indigo

本と音楽と手仕事のある暮らし

「スローハイツの神様」読了

「スローハイツの神様」上下 辻村深月

 「人気作家チヨダ・コーキの小説で人が死んだ――あの事件から10年。アパート「スロウハイツ」ではオーナーである脚本家の赤羽環とコーキ、そして友人たちが共同生活を送っていた。夢を語り、物語を作る。好きなことに没頭し、刺激し合っていた6人。空室だった201号室に、新たな住人がやってくるまでは。」
f:id:hobbyvarious:20210801093929j:image

辻村さんの頭の中はどうなっているのでしょう。すごいなぁ…。

でも評判通り、上巻は読みにくかったぞ(;´∀`)。

時系列とか今これは誰目線なのかとか、ちょっとよく分からなくなるときもあって退屈な展開が続くんですが、それもラストの伏線回収のためなので最後まで読まないともったいない。

怒涛の伏線回収に、あぁ!あれはこういうことだったのか!と、最近私は涙腺が緩いのかぐっときた。

初めは赤羽環の人柄にう〜ん‥な人も、読み終わる頃にはその印象は多分変わっているはず。

スローハイツの神様は、登場人物たちそれぞれにいたってことかな。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
 

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村